日記帳

くだらねーこと書きます

8世代ダイマメモ(未完成)

たまには真面目な記事でも書こーかなーと思いました(思っただけ)

思ったより長くなったので、後日追記する形にできたらいいなぁ…と思います。明日以降の僕頑張れ。

 

 

本題

8世代ではダイマックス(以下ダイマ)の扱い方が非常に大事だと言われています。そのダイマの使い方をざっくり分類すると、

1.先制ダイマ+詰め2匹

2.先制ダイマ+受け2匹

3.受け(サポート)2匹+後攻ダイマ

4.サイクルパーツ3枚(後攻ダイマ)

5.受け3枚(後攻ダイマ)

辺りになると考えています(3〜5はわかりづらいので後述)。それらの使い方をおさらいして、強いダイマの使い方を学びなおそうと言うのが本記事の目的です。前置きを長くしても仕方がないので、早速実例も交えながら触れていきたいと思います。

※ギミックは専門外なので有識者のブログを見てください。

 

 

1.先制ダイマ+詰め2匹

8世代で最初期から開拓されたダイマの使い方です。「先制ダイマで1.5匹を倒して残りの1.5匹を襷+ミミッキュの行動ホショウコンビで押しきる」というのが最も基本的な形となっています(行動ホショウの掛け方がスカーフだったりはしますが)。

この構築の強みは、

・やる事が分かり易く、ある程度機械的にプレイできる(最終盤の追い込みでミスをせずに回せる)事

・構築をパワーの高いポケモンで固められる事

・後手に回らないので相手の行動に依存しにくい

辺りです。逆に弱点としては、

・数的有利を取れなければ押しきれずに負けやすい。

・強力な初手ダイマ要員が限られている為メタ対象になりやすい

・1ターン目から逆さバトルになりやすい

辺りでしょうか。筆者がこの手の構築が下手くそ(初手リザードンだけは辛うじて…)な為あまり深くは触れられませんが、大まかには合っていると思います。

個人的な魅力としてはやはり構築のパワーの高さであり、一方的に展開を押し付けつつ試合ができるので、回数を重ねるランクマッチのシステムには適していると考えています。実際のところはどうなのか、この手の構築の最上位勢に話を聞いてみたいですね。

 

2.先制ダイマ+受け2匹

これはシーズン2(?)前後から徐々に数を増やした動き、構築です。先制ダイマで1.5匹を持って行きつつ、裏の1.5匹は受けポケモンで受けて詰めようと言う考えです。筆者の構築で具体例を挙げると、S7の構築(https://almond-beginer-1500-ibaru.hatenablog.com/entry/2020/07/01/194419)が先制ダイマ+受けに該当します。この動き一辺倒ではありませんが、組み始めは「先制ダイマギャラドスで場を荒らした後、ウインディorニンフィア+@1で詰め切る」事です。

実際に試した上でこの構築の強みに触れると、

・先制ダイマで数的有利を取った際、処理する相手次第では即試合が終わる(展開が楽)

・先制ダイマで数的有利を取れずとも、相手の選出次第では受けポケモンで詰めて普通に勝てる

・初手ダイマに失敗しても、受けポケモンに引いてから再展開ができる(3の動きにスイッチできるので展開が柔軟になる)

事が非常に優秀でした。逆に欠点としては、

・相手の裏に受け崩し(特にトゲキッス)を置かれているだけで普通に辛い

が挙げられます。明確な欠点はこれくらいしか感じませんでしたが、現状の8世代最強ポケモンであるトゲキッスが重い時点で色々察するものがあります(最近はこの手の並びにラッキーが増えているので、もしかしたらケアが効くのかもしれません)。

 

3.受け(サポート)2匹+後攻ダイマ

 

そのうち書くかもしれないし投げるかもしれない