日記帳

くだらねーこと書きます

カプ・レヒレの型

レヒレ大好き人間なので、見たことある型をメモっていく

技候補は左程汎用性が高いと思っているもの。

 

1.残飯型

調整:図太いHB、図太いHC、控えめHC

確定技:波乗り/ムンフォ

選択技:挑発/瞑想/怒り/リフ/霧/めざ炎

 

恐らくカプ・レヒレの最もスタンダードな型で、環境が遷移しても常に存在し続けるであろう型。

挑発&ミストメイカーによる後続のサポート性能、残飯による後出し性能向上、瞑想による詰めや怒りによる強引な削り等により、選出して腐ることがまずない。短所と言えるものがないのが一番の強み。

 

2.水z型

調整:控えめHC、図太いHC、控えめCS

確定技:波乗りorドロポン/ムンフォ

準確定技:瞑想

選択技:挑発/怒り/雨乞い/めざ炎/黒い霧

 

アタッカー気質なカプ・レヒレ。Cに振り切っても、役割対象への後出し性能はある程度保たれているため、サイクル選出にも対応可能。

この型の強みは何と言っても安易な電気タイプ後出しを咎められるところ(特にコケコやレボルト)。CSメガゲンガーや1舞ガモスに対しても確1を取れるので、残飯型で不利を取りがちなポケモンを絡めたサイクルに抗える。最近はz雨乞いで対面性能を高める型もあるらしい。

ちなみに、z波乗りでも重要なラインに対する乱数はあまりズレないので、水技は好み。

 

3.カプz型

調整:図太いHB、控えめHC、臆病HS

確定技:塩水or波乗り/ムンフォ/怒り

準確定技:挑発

選択技:瞑想/リフレクター/めざ炎

 

強引な削り性能を持ったカプ・レヒレ。カプz+塩水の崩し性能の高さは随一だが、高速電気を後投げされやすい環境なので、崩すのに2ターンかかるのがネック。また、環境に非常に多い役割対象のバシャーモに対して強くないのもつらめ。

調整や構成も開拓されきっていないため、今後の開拓に期待ができる。ちなみに、レート上位勢が一定数以上使っていたりするらしい(伝聞)。

補足だが、受け出しポケモンを渦潮でキャッチし、カプz+守るで耐性&耐久数値に関係なく、回復ソースのない全てのポケモンを縛るというオシャレな使い方があるらしい。

 

4.オボン型

調整:図太いHB、(控えめHC)

確定技:波乗り/ムンフォ/挑発

選択技:怒り/瞑想

 

高速回復ソースのあるカプ・レヒレ。調整は大抵HB。マンダの攻撃を2発耐えたりパルシェンの破りロクブラを2発耐える?らしい。ただ、現環境でマンダに突っ張ることは少なく、パルシェンの個体数も少ないため、残飯を取られた場合の消極的採用が多い(記事見た感じ)。

ただ、レヒレの耐性&耐久数値の関係上、まず間違いなく発動するアイテムなので腐りずらさを意識するなら後述の1/2回復実より優先されそうに感じる。

 

5.1/2回復実型

調整:図太いHB、控えめHC

確定技:波乗り/ムンフォ

選択技:挑発/瞑想/怒り/黒い霧/めざ炎

 

現在増加傾向が見られるカプ・レヒレの型。調整や立ち回りこそ難しいが、自分のパーティにあった調整を見つけれれば残飯を上回るほどの汎用性を期待できる。特に、控えめHCベースで調整を開拓できると、HB残飯並みの継戦能力と残飯を大きく上回る爆発力を誇る注目株。

持ち物もまず競合しないのも強みだが、どう頑張っても発動しない試合があるのが弱み。

 

6.妖z型

調整:控えめHC、控えめCS

確定技:波乗り/ムンフォ

選択技:瞑想/挑発/めざ炎

 

レヒレミラーを制すという強い意志を持ったカプ・レヒレ。妖zはギャラにも撃てるが、ギャラ対策ならリフレクターでも良く、更にいうならマリルリの方が優れているので水/妖勢に刺すためのオマケとして捉えた方が良いかもしれない。

この型はSDでしか試せれてないが、相手もレヒレをレヒレで削って後続の圏内に押し込もうとするプレイヤーが一定数以上いるため、可能性は感じられる。

 

7.眼鏡型

調整:控えめHC

確定技:波乗り/ムンフォ

選択技:ドロポン/冷B/シャドボ/めざ炎/草結び

 

火力を押し付ける型。

唐突にくるときつい型筆頭。正直片手で数えるほどしか使ったことがないので、あまり語れることがないが、強い型なので誰かが結果を出せば増えたりしそう。

 

他にもあったら教えてください。

両壁は把握していますが、現環境で見たことがない&使ったことがないのでカット